微熱が続いている。
とはいうものの、だいぶましになってきた。

もっと街を豊かに

日本の都市計画というか、街づくりは車中心で考えられていると思う。
なので普段生活する人向けになっていない。
人にとって見ると住み心地が悪いし、カッコよくもない。
例えば公園の周りに道路を作ってしまっている。
公園の周りに住宅やビル、その他公共施設を作ればいいのにといつも思う。
うちの近所だと長居公園なんかがそうだが、公園の周りを大きな道が通って、車がビュンビュン走っているので、公園の中に入ってしまうと気にならないが、周りからみるとあまり近寄りたくない。
靭公園なんかはビルや住宅が接していていとても雰囲気がよくなっていると思う。
ニュータウンが嫌いなのも道路中心で街づくりがなされているからだと思う。
ニュータウンにある団地は好きなのだが(笑)
道路というインフラが日本の成長を支えてきたのかもしれないが、もうちょっと人中心で考えてほしいと思う。

地方を豊かに

これは何というか過疎化が進みすぎているので、大都市に集中した人をもっと地方へ分散させた方がいいと思う。
山間部とか極端な話ではなくて、地方都市でもいいと思う。
地方の活性化、若者の地方への移住だけが頼りになっているような感じがするが、移住が若干のブームとはいえ、数はわずかだと思う。
じゃあどうすればいいのか。
会社が集まりすぎているので、本社機能を別の都市に移せばいいと思う。
別に東京、大阪、福岡になくてもいいだろう。
こういった施策にマッチするのはシステム系の会社なのだが、あとは研究開発とかもいいのかもしれない。
製造業、サービス業はとりあえず現状維持でいいかもしれない。
実際にこれをするとなると色々考えないといけないと思う。
税制面で、移転した法人の税率を下げるということも考えられるが、それだけだと全く魅力がないので何か魅力的な、公共の仕事の独占権をあげるとかぐらいしないといけないかもしれない。
あとは住宅の無償提供とか。
水道光熱費の負担とか。
東京は確かに人とお金が集まって、一大都市になっているが、ちょっと集まりすぎで、人も土地も疲弊しているように感じる。
とか言いつつ、わたしも大阪にしがみついているので、何か行動しようかなと思う。

写真はベルギーのリエージュの街中。
車は規制されていい感じだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です