お客様は神様ではない

昨日は一日休み。妻と喫茶店へ行ったりした。
夜ご飯は、連日のアリーズキッチンへ。
妻と妻の妹と3人で行った。
うまかった。また行きたい。
ただ、店主が結構絡んでくるのはやっぱり苦手だ。

お客様は神様ではない

クライアントからお金を頂く。
それはサービスの提供、知識の提供、技術の提供をしているだけで、滅私奉公する気はさらさらない。
ただ、クライアントによっては、金を払ってるんだからゆうこと聞けみたいな態度をとる方がいて困ってしまう。
そういう場合、そういうのが癖になるし、やめられないとまらない状態になることが多い。
いつもそれがストレスだったが、よく考えたらそんなクライアントとは契約を切ればいいのだと思った。
別に奉公するために仕事をしているわけではない。
サービスに対してお金をもらっているだけだ。
たまに見ていて嫌なのが、コンビニやレストランで店員にため口で話したりしている方を見た時だ。
多分、お客様は神様だと思い込んでいるのだと思うが、そうではない。
料金に商品の代金とサービス代は含まれているが、ため口で話されるのは料金外だ。

そういう方は世代に関係なくいる

合わない方は合わないのだ。
話しても分かり合えないしストレスは募るばかりなので、どうしようもないと思う。
向こうも私のことが理解できないかもしれない。
なので付き合わないのが一番ではないだろうかと最近思っている。

関係がこじれる以前に関わらなければいい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。