ぎっくり腰再び

休日の夕方、少し酔っぱらっていて、立ち上がって一歩目を踏み出したときにぴきっとなった。

これはまずいと思ったが、案の定ぎっくり腰になり昨夜から日常生活が困難になっている。

昨年もぎっくり腰になっている。あの時は自転車に乗りに行く前にトイレ掃除をしていて、ブラシでごしごししていたらぴきっとなった。

 

治療をどうすべきか


昨年の教訓を得て、今回は真っ先に整形外科に行き、薬を処方してもらった。

薬は神経性の痛みに効く薬と、普通の痛み止め。

これで1週間もすれば治まっているはずだ。

昨年は整形外科に行きつくまでに結構いろんなところへ行った。

おそらく1カ月ほど苦しんでいたように思う。

整体と言われている、いわゆる民間療法の治療所を3件ぐらい巡った。

家の近所のと、知り合いのおすすめ、以前お世話になったところ。

あの時はどれもあまり効果が出ず、徐々に足がしびれだしたりしてちょっと怖くなってクリニックへ行った。

クリニックでもらった薬を飲んだらすぐ効き目が出て、1週間ほどで腰と足の痛みがなくなった。

 

何はともあれ病院へ行くべき


昨年ぎっくり腰になるまで、整形外科を信用していなかった。

はずれの整形外科にあたっただけなのかもしれないが、ちゃんと診てもらえなかった記憶があったので。

昨年、最終的にクリニックへ行き、レントゲンを撮って状況をちゃんと把握して薬をもらい、結果的によくなったということで、レントゲンで骨の状況などを確認するのは重要と思った。

整体は病院へ行ってからでも遅くないので、まずは状況を確認すべきだ。

痛み止めなどの薬は根本的な治療にならないのかもしれないが、痛みで眠れないというのがないだけでもだいぶ違う。

 

予防もすべき


今回、なんとなく予兆があった。

ソファで寝そべっていると腰のあたりがもぞもぞした感じがあったりした。

半年に一回くらいは信頼できる整体に行って、体の状態を整えてもらうのがいいと思った。

予防はなかなか難しくて、実際に痛くなったりしないと動かないのだが、そこは無理やり予定に組み込んでしまって、痛くなくても行くべきだ。

痛くなってから動くのはとてもつらいし、労力がかかる。

昨年は3月末にぎっくり腰になっていたようだ。

スタジオへ向かうのがとてもつらかった記憶がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。