たらいまわし、楽しそうだ。
お猿のジョージがたらいを上手に回す光景が思い浮かぶ。
ただ、楽しくないたらいまわしもあって、今回はそっちの話。

経営革新等支援機関というのに登録している。
例えば中小企業がある制度を利用しようとしていて、制度の利用には事業計画を含む書類が必要だったりする。
で、この事業計画を確認したりするのが経営革新等支援機関だ。
コロナの助成金の時も経営革新等支援機関が計画などを確認してハンコがいるケースがあった。
話は逸れるが、面識のない人、友人と思っていた人などからチラホラとハンコが欲しいと連絡がきた。
友人と思っていた人からの依頼にはいろいろ複雑な気持ちになった。

話は戻って、経営革新等支援機関の住所変更をしておらず、開業時の住所のままだった。
最近また経営革新等支援機関として仕事をする機会があり、住所変更を早くしないといけないということになった。
まず、住所変更の手続き中に仕事をして可能か、可能だとして書類にどう書けばいいか分からなかったので、経営革新等支援機関の管轄に連絡をした。
連絡したところ、それは利用しようとしている制度を管轄している省庁に聞いてくれと言われた。
で、利用しようとしている制度を管轄している省庁に連絡すると、細かいところは別のところが対応するのでここへ連絡してくれという感じで、なんと言うか、公的機関によくある、縦割りの感じを味わうことができた。
最終的に解決したものの、問い合わせの度にちょっと待ってくれと保留されて、あげくここではなく、別のところへとなるので、まあまあのたらいまわし度合いだった。

次いで、経営革新等支援機関の住所変更の手続きをした。
これは、公的な手続きを民間がする場合にはG-bizというアカウントを作る必要があるらしかった。
なので、経営革新等支援機関の管轄に住所変更したい旨を伝えても取り合ってはもらえない。
G-bizって電通ぽいなと思ったら、NTTデータが業務を受注しているようだった。
アカウント作成には個人事業者の場合は、事務所住所ではなく印鑑証明の住所を記載するとのことだが、それが分かりづらかった。
で、アカウントは即日できて、住所変更できるのかと思いきや、印鑑証明書と印刷した書類に実印を押印して、送付したのち、承認などがあるので、アカウント作成に2週間程度かかるとのことだった。
アカウントができてから、住所変更の手続きとなるが、またトラブルが起きそうな気配がプンプンする。

カルータラ初め。
ビーフにしようと思っていたが、キーマがあったのでキーマにした。
パリップとハーフ。いつも大盛り、ゆで卵付にする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です