新しいスマホやPC、その他いろいろ欲しいという気持ちはどこからともなく湧いてくる。

最近も仕事用のショルダーバッグが気になりだして、zozoでずっとカバンばかり見ていた。

結局、家にあるやつでいいじゃないかという気持ちが芽生えて購入するのをやめた。

 

まだ使える


新しいスマホにPCなど、まだ使えそうだけど新しいのを見ると欲しくなる。

こういったほしい気持ちは多分科学的に解明されているのだろう。

欲しい気持ちが湧いてくるメカニズムを知れば、それを抑える方法も習得できるはずだ。

妻なんかはスマホをこれでもかというくらい使い続ける。

興味の対象がそれ以外にあるからだと思う。

電池の持ちがいまいちになってきたので、新しいのをどうですかと問いかけても今のままで良いと言う。

確かにまだ使えるものを買い替えるのはどうかという反面、欲しいものを買うという行為をやめた時点で、何かがストップするのではないかという風に最近思い始めた。

ただし、新しいものを買っても結局は2,3日もすればなじんでくるので、一時的な欲しいという気持ちはやはり無駄なのかもしれない。

 

興味の対象を広げる


欲しいものを買うとわくわくする。

また、欲しいものをAmazonとかで探しているときも同じくらいわくわくする。

なので興味の対象を広げれば、わくわくの範囲が広がる。

というわけで、いろいろと知見を広めることが楽しく生活するポイントだと思った。

 

近々事務所を借りることにした。

今はこの事務所のレイアウトを考えるのがとても楽しい。

オープン記念にカレーのふるまいでもしようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です