スキンヘッドと仕事着 夏編

またちょっとどんよりとした日が続いている。

今年は一日中雨でしとしとというよりかは、お昼過ぎにザーッと通り雨という感じのが多い。

日中歩いているとスラックスが汗で腿のあたりにひっつくのが気持ち悪い。

それと頭がとにかく熱い。

曇っていても結構じりじり来る。

ということで、帽子か何かを被った方がいいかなと思い、色々と物色しているがなかなかパッとするのがない。

ちなみに私の服装としては大まかに分けて仕事でクライアントに会うときと、それ以外の時に分けることができる。

ここで検討するのは仕事でクライアントに会うとき、つまりちゃんとした格好の時だ。

それ以外の時は大体よれっとした格好に、母に作ってもらったサイクリングキャップを被っている。

母に作ってもらったサイクリングキャップは洗濯ができるので、とてもよい。

 

仕事の時


クライアントに会うとき、夏はスラックスかチノパンに鹿の子の長そでシャツを着ている。

冬場はスーツを着て、ダウンジャケットかコートを着る。

今回は夏の装いについて検討する。

スラックスかチノパンに長そでシャツまでは特に当たり障りない感じのものを着ている。

問題は帽子だ。

どちらかといえばフォーマルっぽい帽子(ハンチングやハット)を試してみたが、おじいさんに見えるので受け入れがたい。

他、考えられるのがボーラーハットという頭の部分が丸くなっているハットか、イスラムキャップと呼ばれるニット帽のようなやつ。

ここは技術を駆使してバーチャル着せ替えをしてみたが、どちらも茶色いあれが乗っているようで失敗した。

ただ、何となくボーラーハットはよさげな感じがするので、ちょっと探してみようと思う。

ボーラーハットで検索をかけていると山高帽というのもあり、これもなかなかよさそうなので探してみたい。

 

スキンヘッドの装い


まず夏や冬問わず、帽子が必須だと思う。

夏は暑く、冬は寒い。

夏の場合、日傘というのもありかもしれない。

それと、スキンヘッドだと半そでのシャツが似合わない。

もともと半そでのワイシャツは着ないが、スキンヘッドで腕が細いと貧相に見える。

半そでを着る場合は結構鍛えないといけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。