スルガ銀行のことも税理士に相談

サラリーマンや地主に銀行から借り入れをさせて、アパートを建てさせ、自らは建物の施工管理や賃貸管理をするというのは、前からあることで、

東建やレオパレスなどの老舗?や最近のアパート建築ラッシュに乗じて、だいぶ胡散臭い会社も参入している気がする。

スルガ銀行がシェアハウス業者と組んでサラリーマンにさせたことも仕組みは同じである。

これの問題は一つではないと思う。

その前にお伝えしたいことは一つで、営業の話には乗るなということである。

その営業がどんなに素晴らしい方でも営業の話に乗ってはいけない。

全ての営業は言葉巧みに近づいてくる詐欺師と思ったほうがいい。

そんなに儲かる話があるなら、自分のところですればいいのだ。

 

そもそも騙されている


賃料保証で、ローンも返せて、お小遣いを稼げるなんていう美味しい話はないので、美味しい話がきた時点で誰かに相談しないといけない。

配偶者や両親、税理士など。

税理士などに相談すると資金繰りを作成して、美味しい話なんてないこと、営業が嘘を言っていることを証明してくれるはずだ。

 

業者は別に痛くも痒くもない


ローンを組んでいるのはサラリーマンなどで、貸しているのは銀行。

ローンのお金で建てられる建物は当然、業者のグループ企業が請け負うことになると思うので、業者は何も痛くも痒くもないと思われる。

 

銀行は消費者金融と同じ


無理な融資をしたが、物件は担保に取っていると考えられるので、最終的には特に損はしないのではないだろうか。

最近の銀行は子会社に消費者金融を持ったりして、なんとなく嫌な感じだ。

 

美味しい話があるとついつい相談せずに即決しがちだが、そこは落ち着いて検討することをおすすめする。

 

IMG_20180527_160613

週末、コーヒー豆が切れたので、自転車で堺市内のコーヒー屋を巡った。

なかもずの夢珈という所、深井のふかいコーヒー、堺駅近くのDEAR CUP。

最初2軒で試飲などして悩んだ挙げ句、最終的には試飲をしていないDEAR CUPというころで豆を買った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。