ロードバイクのフロントシングル化

ことの発端は自転車に少し飽きてきたことに始まる。

以前はがっつりジャージを着て、ロードのシューズをはいて朝から山を登っていたが、どうもそんな気にはならない。

ゆるく自転車でキャンプとかへ出かけたい気分だ。

ただ周りにそんな環境はないので、気持ちはあるけどどうしたらいいかなというような状況になっている。

 

1台にまとめよう


ロードバイクへの興味がちょっと薄れてきたというのもあり、2台ある自転車を整理して、1台に注力しようと考えた。

ただ、1台はロード、もう一台はシクロクロスなので、少し性質がことなる。

汎用性のあるシクロクロスを残しこれをロードでも使えるようにしつつ、ロードを売却しようかなと考えている。

シクロクロスをロードにも使えるようにするにあたってはホイールを2種類準備すればいいだけかもしれないが、この際なのでフロントをシングル化しようかなと考えている。

シングル化なんてしなくてもいいのかもしれないが、ちょっと刺激が欲しいので。

 

カンパだと難しそう


2台ともグループセットはカンパニョーロだ。

フロントをシングル化する方法などをネットで調べているがめぼしいのがヒットしない。

カンパニョーロへの思いも薄れつつあるので、カンパニョーロへこだわる必要もないかもしれない。

sramならフロントシングルのグループセットを販売しているし、シマノならフロントをシングル化へチャレンジしている記事がいくらでも見つかる。

 

資金をどうするか


中古の買取をしてくれるところへひとまず2台の買い取り額見積もりを出してもらった。

ビアンキのロードが12万、テスタッチのシクロクロスが8万だった。

ちょっと安いのではないかと思ったが、そんなものなのかな。

ビアンキのロードを売却して、シマノの105あたりのグループセットを調達してシクロクロスを改造するのが現実的かもしれない。

ただシクロクロスもホイールがカンパ対応なのでこの辺をどうするかも考えないといけない。

 

書いているとどうでもよくなってきた(笑)


今のままでいいような気もする。

ブレーキがカンチブレーキだが、ディスクブレーキへの興味もある。

フロントシングル化は何というかしなくてもいい改造で、車のパーツ交換と同じだ。

そんなことを考えていたら、もう少し今の自転車で楽しもうかなという気持ちになってきた。

それよりもルートの開拓とか、自分にとっての新しい乗り方を模索する方が有意義かもしれない。

自転車への興味が急激に冷めてきておりそれに焦っているだけのような気もする。

60歳くらいでまた自転車旅には出たいので、その辺をモチベーションにしよう。

写真はメキシコのバハカリフォルニアを旅した時。

前の人はドイツの人でディスクブレーキのかっこいい自転車に乗っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。