事業承継というサービスについて

産創館という大阪市か大阪府の出先機関で専門家として登録している。

他の登録している専門家の話ではちょくちょくと相談が来るらしい。

以前にも書いたが、私自身は登録後の相談件数はゼロである。

分野は経営全般、特に事業承継ということで登録した。

なぜなら、産創館が事業承継の分野を募集していたので。

募集しているにもかかわらず産創館はニーズを発掘できていないので、ちょっとなと思った。

先日の産創館主催の集まりでも、相談がないことについて産創館に相談すると、

事業承継はちょっと・・・みたいな感じだったが、そんな感じなら専門家も募集しなければいいのにと思った。

 

一般的な事業承継のイメージ


事業承継というとみなさんどんなイメージを持っているのだろうか。

私自身は前職時代にいわゆる事業承継の仕事をしていて、最終的にはオーナーから次世代への株式の承継と、承継前の会社の問題の解決というのが事業承継のイメージになっている。

株式の承継については、別に父から息子に限っておらず、従業員や役員、MAなども含めた承継だ。

中小企業は何かと問題を抱えている。

株主が分散していたり、オーナーの姉が株式の承継に否定的だったりという株式にまつわる問題や、

承継にあたっての役員の説得や、会社が抱える不良資産の整理などなど。

私自身はこういったことをひっくるめて事業承継と認識している。

ところが、一般的には父から息子への、ノウハウと会社での立ち回り方の伝授が事業承継のイメージになっているのではないかと感じている。

 

そしてニーズを発掘するのが難しい


こちらの事業承継のサービスと一般的なイメージが乖離していることや、

サービス内容について、オーナーなどが問題意識を持っていないこと、

また、そもそもこういった問題を持った会社がどこに潜んでいるか分からないことなどから、こちらが提供したいサービスにマッチする会社を探すのはなかなか難しい。

現状思い当たるのは、金融機関との連携やロータリークラブ、ライオンズクラブへの参加、大学のOB会などで潜在的に問題を有する会社を見つけることだろうか。

ただし、会社としては問題意識はない状態の中、こちらが入っていくのはなかなか至難の業だと思う。

問題意識のない会社に事業承継しませんかと言ったところで見向きもされないだろう。

前職では銀行担当者が問題を発掘してきて、それを解決するという仕組みができていたが、

そういう意味ではこの仕組はうまくできていると思う。

 

事業承継は全面に出さない


事業承継というからよく分からないことになり、イメージが先行してしまう。

どちらかといえばやっていることは、会社の問題を見つけて、その問題を解決するサービスである。

問題の中に株式の承継も含まれるし、少数株主の集約なども含まれる。

問題というと漠然としすぎているだろうか。

 

サービスを定義する


労務の手続きや問題となると取り敢えず社労士へ、契約や訴訟なら弁護士、税金のことは税理士へ聞く。

会社の問題を把握したい場合はどうだろうか。

コンサルタントは色々だし、事業承継をサービスに加えている税理士事務所の大半はこういった問題の解決を得意としていない。

そもそも問題意識がないので聞かれることはない。

どこかの誰かからこういった会社があって見てあげて欲しいという状況になって初めて成り立つ。

 

結局


何だかんだと考えたが、銀行の担当者が問題らしきものを見つけて、それを共有して解決していくというスタイルがこのサービスの仕組みに合っているのだと思う。

産創館はあくまでも問題を抱えた人が自ら訪れる場所であり、事業承継のサービス提供場所としては不向きなのかなと思った。

先日夜の肥後橋KALUTARAへ行ってきた。

普段のお昼の営業はカレープレートのみだが、夜はおつまみとビールを頂きつつ、

締めにライス&カリーを頂ける。

この日はサラダ、デビルチキン、オクラの炒めたの、小魚の炒めたのなどを頂きながら、

最後にエビカレーと豆カレー、米が出てきて、先に出てきたおかずなどもお皿に盛った。

とてもおいしかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。