思い付きで独立

前職は人が嫌で辞めた。

それなのに前職から外注を受けているということで、意味の分からないことをしている。

そんな前職を辞めてから今に至るまで。

 

退職前


退職前はとにかく毎日が苦痛だった。

働くことというか、朝起きる瞬間から寝る時までの生活全部が。

朝はほんとに就業開始時間の間際まで布団に入っていた。

脳が起きたくない状態で、とにかくできる限り布団の中にいて、間際に起きてタクシーで会社へ行った。

あと土日もよく仕事をした。

それからご多分に漏れず日曜の昼過ぎから憂鬱になり、よく実家へ晩御飯を食べに帰っていた。

 

退職して


ぷつんと切れて退職の意思を伝えた。

意思を伝えてから8カ月くらい働いた(笑)

辞めると決まってからもやっぱり苦痛だったが私の代わりの方が入ってきたりして徐々に薄らいだ。

退職が8月で、7月頃から辞めてから何しようかと考えだした。

とはいうものの、次の就職をどうするかどうかとかではなく、どこに旅行行こうかということだ。

当初の案としては2つあった。

①アメリカのポートランドの自転車旅行

②スリランカホームステイ

①について調べているとき、ちょうどメキシコに友人家族が赴任していることを思い出し、結局バハカリフォルニアを縦断してから、友人に会いに行くプランにした。

②は予定通り。

この辺の旅行記はまた機会があれば記したい。

 

スリランカ滞在中と帰国後


スリランカ滞在が4カ月くらいだったと思うが、終盤あたりでちょっと仕事どうしようかと考え始めた。

当初の予定としてはどこかの税理士事務所でちょっと働いて独立する予定だった。

帰国して就職活動するも、いまいち手ごたえはなかった。

さすがに35歳の税理士で、事業承継コンサルをしていて税理士事務所を探しているとなると、そのあと独立する確率が高いと思われるのだろうか。

もともと面接とかは苦手だったので、面接の印象が悪かったか(笑)

そんなとき叔父と話していて独立しようと思った。

なんてことはない、思い付きだ。

思い付きで独立して今に至る。

思い付きで独立したので、特に事務所としてこんなことをしたいというのはない。

ノリで受けて、ノリで仕事をしている感じなので、前職に捕まったのかもしれない。

 

退職してまずしたのは弟と自転車旅行だった。

この時は島根と鳥取だった。

これは鳥取で食べた海鮮丼。

これはおいしかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。