勤めているときは、職場から出たくて外でご飯を食べていた。
結構遠くまで出かけていた。
主にカレー屋、あとは卵やお漬物、ご飯のお替わりが自由なところとか。
よく行ったというか、印象に残っているカレー屋は肥後橋のカルータラ、裁判所裏の森元。
定食とかだと、北新地の銀平や、こうし、淀屋橋のこぼけとか。
あとは隣のビルの社員食堂みたいなことろによく行った。

最近は昼はクラッカーとヨーグルト、バナナ、ゆで卵みたいなのが多い。
事務所で5分くらいで食べられる。
これのいいのは空腹が満たされるのと、満腹にならないこと、夜にちょうど良くおなかがすくことだ。
たまに外で定食やラーメンを食べると、本当に満腹になる。
おいしいのだが、体にも悪いし、仕事にもあまりよくないなと、食べ終わった後に思う。
あと、外で食べるのも当たり外れがある。
毎日外で食べていると、数うちゃ当たるでそのうちお気に入りのができていいのだが、
めったに外で食べず、たまに外で食べるとなると、まあまあハズレにあたる機会が多いように思う。
ということで、昼はクラッカーとヨーグルト、バナナを続けようと思う。

これはこの前食べた天津カレー炒飯。
ヘルメット大のが出てきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です