歯は割れるらしい

元号が発表された。令和。
令和って書いてみたかったので書いてみた。
西暦は一貫性があるので使いやすいが、和暦の方がしっくりくるし、税法の通達に申告書、決算書、その他公的な文書は和暦が採用されている。
何年前とかを考えるときは確かに西暦がいいのだが、最近はネットで西暦を和暦に変えてくれたりもするので、あえて西暦を使わなくてもいいように思う。
デューデリをするときに、今年は元号が変わったりするので西暦を使いましょうとなったのだが、レポートとかが書きにくかった。
これは慣れの問題なのかもしれない。
別に西暦と和暦の対応表をレポートに添付するとかすれば、和暦で表記しても問題ないのではないだろうか。

歯が割れた

昨日弁当を食べていて、何かを噛んでいたところ、かなりの衝撃があった。
これはまずいというか、衝撃の直後から痛みが生じた。
硬くて小さな、砂利くらいの骨が混ざっていて勢いよく噛んでしまったのだ。
時間がたてば直るかなと思いそのまま夜から確定申告の打ち上げに行ってお酒を飲んだりしたが、噛んだりすると痛くて何も食べられなかった。
今日の朝、妻にそのことを伝えたらおかゆを作ってくれた。
これだったら噛まなくて済みそうだと思った。
ところが口に含んだ瞬間激痛が走った。
おかしいなということで歯科へ行った。
奥歯がぐらぐらとなっていて、がっつり割れていた。
割れた部分から神経が出て痛かったみたいだ。
早速割れている部分は抜いてしまって、神経が出ているところを応急処置でカバーしてもらった。
次回は残っている神経を削って、最後にかけた歯の部分をゴムか何かに置き換えるらしい。
放置せず歯科に行ってよかった。
今は痛みも治まりひとまずご飯も食べられる状態になった。

私の平成を振り返る①
7歳くらいから平成になった。
平成24年に半年くらい入院した。
これがきっかけで自転車をいじったり、自分でカレーを作ったりということをし始めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。