生活を変えるのはなかなか大変

生活を変える方法というのは限られているようで、今の生活のサイクルは今の生活環境が影響していることが大きい。

一人暮らし時代、仕事が10時から11時に終了して、それから20分くらいで帰宅し、ランニング、食事(飲酒なし)、1時頃就寝の8時半起床という、結構健康的な生活をしていた。

これは一人暮らしと、結構都会に住んでいたという生活環境が影響していると思う。

今はというと、会社を辞めて仕事時間は短くなったものの、引っ越しをして結婚したことなどが影響して少し不健康な生活になっている。

仕事は7時頃に終了して、それから10分くらいで帰宅し、そのままビールを飲みつつ夕飯の準備などをして9時頃食事、11時頃までスマホでドラマを見て就寝、7時頃起床という生活だ。

妻が夜仕事に出かける場合、食事を作る必要があったりして、飲みながら作ると楽しいのもあって、作りながらビールを飲む習慣がついた。

個人的に早い時間から飲酒するのと、ランニングがなくなったことが気になっていて、生活習慣を変えないといけないと思っている。

生活習慣を変えるためには生活環境を変える必要があるが、物理的に変える方法は限られていると思う。

・引っ越しをする

・仕事を変える

・付き合う人を変える

 

変えるのはなかなか大変

引っ越し、仕事、人間関係とどれもなかなか変えがたいような気がする。

そこでふと思ったのが、仕事をする場所、何かをする場所を変えるというのがあるかなと思った。

例えば、仕事が終わったらまっすぐ家に帰らずに、近所の喫茶店等によって本を読んだり、PCで調べものなどをしたりすることが考えられる。

あとは、ランニングを家に帰ってからではなくて仕事場から始めるというのも考えられる。

いつもの生活習慣にとらわれて、まっすぐ家に帰ったり、帰って食事を作ったりということをしていたが、別にそこまで急がなくてもいい。

 

一回やってみよう

①近所のマクドナルドか、仕事場で本を読んでみる。

自転車で何分か行けばカフェもあるので行ってみる。

②ランニングをながらランニングにしてみる。

というかランニングを無理にする必要はないので、①のカフェに向かう途中にウォーキングをしてみるとかでもいい。

楽な方へ行きがち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。