税理士の時給

昨日は午前中、記帳指導の報告で税務署へ。
午後から資料作成などをしていた。
夕方、知り合いで会計士をしている方が事務所に遊びに来てくれた。
前職の時に仕事をお願いしていた方だが、なんだかんだで付き合いが続いている。
カレー屋をしていた時は奥さんと食べに来てくれたりもした。

税理士の時給

大阪府の最低賃金は936円らしい。
毎日8時間、週休2日で時給1,000円で働いたとして、8,000円×20日=16万円だ。
働いているところで社会保険に加入できるとして、社会保険料が月23,000円。
源泉とかで毎月1,000円くらい引かれる感じだろうか。
手残り13万くらいなので、これで生活はなかなか大変そうだ。
3万円くらいのワンルームで暮らして、水道光熱費などが1.5万円。
残り8.5万円が食費などになる。
日々の生活は意外といけそうだが、旅行や買い物などはなかなか自由にいきそうにない。
外注の仕事が時給なので、こんなことばかりを考える。
私の外注の仕事の時給は5,000円だ。
毎日8時間、20日働くと80万円になる。
ただ、こうなると寝ても覚めても土日も祝日も関係なく仕事のことを考える状態になる。
ストレスだらけの生活が待っている。
知り合いの税理士や会計士に聞くと5,000円は安いとのこと。
ただ、安いとか高いとかの問題ではないと最近は思い始めた。
今の外注の仕事がいまいちなのだ。

仕事は自分で考えてすれば楽しい

自分で考えて動いてすることは楽しい。
失敗してもリカバリーしたり、素直にお詫びしたりという行動にも移りやすい。
組織で働いているとそうはいかない。
現状の私はといえば、半分組織で働いているような状態になっている。
非常に息苦しい状態だ。
お金はもらえるが、いい状況ではない。
フリーランスで外注の仕事を受けて頑張っている方々はいつもこんな状態なのだろうか。

きれいそうで結構ごみが浮いているスリランカの海。
写真はmirissaらへんの海。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。