税金や社会保険の納付方法

法人税に、消費税、源泉所得税、社会保険料など納付しないといけないものは様々あり、納付のたびに金融機関に足を運ぶのは結構大変だ。

あと、足を運ぶと金融機関の担当者から投資信託や保険、定期を勧められる状況になったりして結構なストレスになる。

 

最近の税金の納付方法


私は最近ペイジーというので納付している。

ペイジーの意味はpay easyだろうか。

銀行のネットサービス画面にペイジーのメニューがあり、ここで必要事項を入力すると、口座残高から支払いすることができる。

手数料はかからないようなので、支払の対象となる税金などが対応していたら便利だと思う。

 

ペイジーでの納付方法


法人税や消費税、所得税、源泉所得税の場合は電子申告する必要がある。

税理士へ法人税などを依頼している場合は税理士にペイジーで支払いたい旨を伝えると、支払いに必要な情報の連絡があると思われる。

源泉所得税については会社で計算して、納付書を作成しているところが多いと思うが、これについてペイジーを利用する場合は、e-Taxというホームページで電子的な納付書をを作成し、

作成した納付書を送信後に表示される情報をもとにペイジーで支払う。

社会保険料の場合は納付書に必要な情報が記載されている。

なお、住民税の特別徴収分はペイジーには対応していない。

これについては納付書を金融機関に持参するか、都市銀行の住民税納入サービス等があるようだ。

ただ都市銀行に口座がない場合やネットサービスを利用していない場合などは金融機関へ行くしかないのでめんどくさい。

 

その他の納付方法


クレジットカード納付がある。

これは国税の場合クレジットカード支払いサイトへアクセスして納付の手続きを行う。

地方税の場合は地方自治体それぞれで対応の有無が異なるようだ。

それとクレジットカードはポイントが貯まるのだが、システム利用料が結構高い。

30,000円の納付で246円の手数料がとられる。

ポイントとトントンになるのではないだろうか。

といことでペイジーが便利かなと勝手に思っている。

 

R0000243

(RICOH GRⅡで撮影)

近所の猫。

老人宅で飼われていたようだが、お亡くなりになり一時野良猫になっていたところを、近所の方が救済したそうだ。

人懐こくてとてもかわいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。