500GBのM.2 SSDが届いたので、換装した。
換装には裏蓋を開く必要があるのだが、本当に開けることができるのかまずは確認した。
ねじを外して、固めのへらを差し込んでひねりながら持ち上げると開けることができた。
プラスチックの引っ掛かりが割れそうで怖い。
SSDの場所も確認できたので、いったん閉じて届いたSSDをPCに接続しフォーマットを行った。
フォーマットはディスクマネージャーから行うことができる。
なんか形式があるみたいなのだが、あてずっぽでやったら合っていた。
従来の形式に合わす必要があるみたいで、本来は確認すべきところだと思う。
easeusという、今のSSDのクローンを作成する無料のソフトがあるので、それをインストールして、クローン作製。
あとはSSDを交換して、パーティションが従来のSSDの容量までになっているので、これを新しいSSDの容量に合わせて広げる。
これもeaseusパーティションみたいな無料のソフトで簡単に行うことができた。
どれもネットにやり方がころがっているので簡単に確認できる。
SSD読み込み速度が6倍くらいになったはずだが、特にこれと言って変化は感じられない。
起動速度が上がることとを期待したがこれもあまり実感はない。
ただし満足感を得て、PCへの愛着が増した作業となった。

石ころに砂、葉っぱにどんぐり、なんでも口に入れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です