脱スマホしつつ、スマホを便利に活用

昨日は、一昨日の余韻でもやもや仕事をしていたが、時間が経つと収まってきた。
夜は、21時頃に家に帰って晩御飯を食べて寝た。

24時間スマホ生活

いつも布団に入って、明かりのない中、動画を見たり、なんかしたりして眠くなるまでスマホを触っている。
寝る前も、テレビは見ないもののスマホでドラマを見たりしている。
朝起きるととりあえずスマホでニュースをチェックする。
日中、休憩となるとやっぱりスマホで何か見る。
仕事中は、パソコンに向かっていることが多いので、一日中画面を見ていることになる。
画面に映る情報がすべて。
ご飯を食べて、ごろっとなって何も考えずにYouTubeを見るというのは、究極のもったいない時間だ。
ということで、スマホを脇に置いて何かしたいなと思っている。
読書も、小説とかなら読めるが、仕事関係の本とか、自己啓発っぽい本とかだと、夜の時間に読むのは結構疲れる。
というか、何かの本で読んだのだが、夜は何もしなくていいそうだ。
何もせず、早く寝て、早く起きる。
早く起きたら散歩にでも出かけて外の空気を吸って、朝ご飯を食べて時間があれば本を読むというのがいいのかもしれない。

とはいうもののスマホは便利

便利というか、もっと活用すべきだとも思う。
動画を見てばかりだが、スマホの機能をもっと活用できれば、生活の質が上がる気もする。
最近便利だと思う機能をいくつか。
①DropboxアプリのPDF化機能
Dropboxのアプリ内に、写真を撮ったらそれをPDFにして、指定のフォルダに保存してくれる機能がある。
一昔前だとスキャナーを持ち歩いてしていたことが、スマホでできるようになっている。
デューデリ先で入手した資料などをその場でスマホでスキャンできるので便利だ。
かかる時間は、一期分の決算書と申告書くらいで1分くらいだろうか。
最近、officeレンズというMicrosoftのアプリを見つけた。
これも写真のPDF化や、OneNoteへの共有など便利そうだが、onedriveを利用していないので、あまり便利さが実感できない。

②Googleアシスタント
これまで活用していなかったが、カップラーメンのタイマーで使い始めてから、便利さに気付いた。
「OKGoogle、タイマーを3分にセット」とスマホに呼びかけるだけで、タイマーをセットしてくれる。

③Measure
Googleのアプリだが、机の高さや横幅、窓の大きさなど、レンズを通して大体の長さを測定してくれる。
引っ越しのときや、思い立って家具が欲しくなった時など便利だ。

便利なのがあればどんどん試してみたい。

明日で開業してまる3年が経つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。