腰痛、ぎっくり腰への対処法

毎週あっという間に過ぎていく。
2月になってしまった。

先週は何をしていたのか見ていたが、仕事をしていたみたいだ。
最近は何のために、誰のために仕事をしているのかよく分からないのだが、
結局は家族が楽しく暮らせるように仕事をしているのだと思っている。
となると、私自身も楽しく仕事をする必要があるので、色々と工夫したり、
興味のあるガジェットを買ったり、新しいことにチャレンジしたりする必要がある。
仕事が楽しいと、家でも明るく振舞うことができる(はずだ)。

腰痛やぎっくり腰

仕事がうまくいかなかったり、何かよく分からん仕事が多いと、家でも口数が少なくなったりする。
あとは突然襲ってくるぎっくり腰は仕事は関係がないのに、すべてを台無しにする。
何年か前から頻発するようになっていて、3ヵ月とか半年に一回なっていた。
なる度に何日間か激痛とともに寝込む必要があり、何もできなくなるので大変困っていた。
1年ほど前に鍼灸院に通い始めて、パタッと止んだのだが最近また発症して、また予防とかを考えるようになった。

以下考えた末、医療的な根拠はないが、現状の私の認識である。
ぎっくり腰は足とかが攣るように、足回りや背中の筋肉がつったりすることでなっているような気がする。
つると筋肉が収縮するのだが、それにより骨が曲がったりして痛みが生じるのだと思う。

で、なった時の対処としては筋肉を和らげるというのが効果的と推測している。
なので背中をもみほぐしたり、温めたりしてつった筋肉をほぐすことでぎっくり腰の症状が和らぐと思っている。

次になる前の対処としてはつりにくい体を作ることだと思っている。
そのためには筋肉を鍛える必要があると思っていて、例えば体幹を鍛えるピラティスとかがいいのではと思っている。
また、よい姿勢を保つことも重要だと思っている。
よい姿勢はよい体幹につながる。
よい姿勢のポイントは反り腰で無理に保つのではなく、下腹(おへその下あたり)とお尻の穴を意識することかなと思っている。
この辺に力を意識すると自ずといい姿勢になる。

以上だが、最近はその辺を意識して生活している。

この前パンを焼いた。スリランカのレシピで。改良の余地あり。まあでもおいしかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。