はたから見ると結構自由に生きているように見えるようで、心配されたりうらやましがられたりする。

自分自身としてはそんなに自由を感じておらず、現状から何とか脱却したいと日々思っている。

 

はたから見ると自由に見える原因


以下、考えられることを列挙してみた。

・税理士なのにカレー屋とかしている

・税理士の資格に守られていることによる余裕

・何となく生活はできる状況にあるための余裕

・イベントなど誘うと大体来る

たまに自由に生きるということで人里離れたところで自給自足をしたりして満喫されている方がいるが、一般の方にとってこういった自由は憧れではあるものの、なかなか踏み入れがたく、実際には憧れのままにしておきたいということになると思う。

そんな私たちにとっての自由の原資はお金だ。

お金があることによる守られている感、醸し出される余裕。

現状の私はというと定期的な収入は会社員時代の何分の一かだが、それでも定期収入があるということでよくわからない余裕が生まれているのかもしれない。

 

実際の私


前述の通り資格やわずかな定期収入により余裕があるように見られている。

実際にはそんなに自由を感じていないし、収入も不安定である。

定期収入の他に最近だと前職の外注の仕事が多い。

時給5,000円(税別)の外注である。

アルバイトよりは当然高いが、あまり夢のない仕事だ。

これをたくさんすると当然収入は増える。

ただし、増えるにつれて自由は失われるし、疲れる。

 

好きなことをしてお金を稼ぐのが自然


そんな理想を言って現実は甘くないと言われるかもしれないが、好きなことをしてお金を稼ぐのがいいと思う。

好きなことというのが表現が間違っているのかもしれない。

自分で考えて自分で仕事をするという表現の方が正しい。

事業承継の仕事はできるもののあまり前面に出していない。

ただ、これを営業なりして受注してサービスを提供するということをすれば多分楽しいだろう。

自発的に仕事をすることが楽しさの第一歩だ。

そういう意味ではとりあえず前に進もうというのが今の私に言えることだし、楽しくなる第一歩だと思う。

 

自由を追求しよう。

写真はたまに登場するヘリタンスカンダラマというスリランカのホテル。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です