自転車通勤にドラレコを検討

毎度毎度交通マナーの愚痴になるが、自転車で私が直進しているところを左や右のの曲がり角からグワッと合流してくる自転車が多い。
止まらずに勢いよく合流してくるのだが危ない。
そういう人を観察してみると、合流する直前にちょろちょろと左右を見ているのだが、あれは反射的に左右にちょろちょろ顔を動かしているだけで、確認はしていないのだと思われる。
最近は車にドライブレコーダーを取り付けるのが一般的になってきたが、自転車でもつけた方がいいと思う。
逆走する自転車や、煽ってくる車、赤信号でも横断する人。
事故を起こさないようにというか、こんなことで事故を起こすのが馬鹿らしいし、不可抗力の事故に備えないといけない。

早速Amazonで物色(笑)

最近のAmazonは中国製の怪しいのが多い。
いい製品もあるのかもしれないが、ゴミみたいなのが結構な確率である。
自転車のドライブレコーダーで検索してみると、結構な数のゴミみたいな商品が出てきた(笑)
Amazonはあきらめて、Googleで見てみると1つ良さそうなのがあった。
https://brand.intertecinc.co.jp/c/cycliq/cycliq_fly12
結構いい値段で34,000円くらいするが、製品としてはかなりよさそうだ。
Amazonのゴミみたいなやつとは全然違う。

自転車にドライブレコーダーは必要か

自転車通勤をほぼ毎日往復で2時間ほどしている。
週末のツーリングなどに比べて、街なかを通る時間が長く、先の左右からの自転車などのリスクは通勤の方が高い。
なので、通勤などで利用する場合の方がドライブレコーダーの必要性は高いと思う。
実際片道1時間運転しているだけで、危ないなと思うことが1度くらいはある。
何かの拍子でぶつかったりしたときに、あることないことで言い合いになるのはめんどくさいので、つけた方がいいと思う。

扱っている代理店では他にwahooやstagesなんかも扱っているので、ちゃんとした製品だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。