若い世代のためにできること

最近は気分的には落ち込みがちで、あまりやる気はない。
朝起きるのもめんどくさいし、その後通勤して走りに行くのもまあまあめんどくさい。

ただこれ、仮に4時半に起きているのが5時、5時半とかにずれ込んでいくとさらにストレスになる。
今まさに4時半が5時になっているのだが、かなりストレスだ。
負のスパイラルに陥る前に改善しないといけないと思っている。

若い世代に対するサービス

仕事柄年寄り向けのサービスが多い。
相続の申告、不動産所得の申告、会社の役員とかも年寄りが多いので会社に行って相談に乗る場合も年寄り相手の場合が多々ある。
こちらも仕事として対応可能なため、対応してしまいがちである。
で、お金もそこそこもらえるのでどうしても相続とか、事業承継という名の相続対策とかのサービスが充実してくる。

いいのだけれど、なんか違うよなとふと思った。
30代、40代、50代前半あたりの比較的若い世代向けのサービスも提供したいなと思った。
この辺になると結局所得税とか、親から譲り受けた資産の活用や運用になると思うのだが、
この辺のサービスを充実していければと考えている。
ちなみに、ベンチャー立ち上げて、上場する!みたいなのは想定していない。
副業あるけどどうしたらいいのかとか、ちょっと収入増えたのだけどふるさと納税どうしたらいいのかとか。
所得税関係プラスライフプランみたいな感じだろうか。

なんとなく若い世代向けのサービスに期待が生じるのは、テクノロジーを利用したサービスが提供可能だからだと思う。
インターネット、パソコン、スマホあたりを利用して直接会わずに、ファックスなど要求されずに(笑)サービスが提供可能だと思う。

サービス内容は吟味する必要があるが、なんか若い世代に役立つことをしてみようかなと思った。

10年前2012年の9月の写真。友人が新しく出たiPhone5を見せてくれて撮った写真。もう10年前か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。