諦めずロードバイクをフロントシングル化を検討

YouTubeのGCNというチャンネルでフロントシングル化についてやっていた。

見ていたら、リアディレーラーがカンパニョーロだった。

私の自転車もカンパニューロということで、見入ってしまった。

 

ざっくりどうするかというと


・リアディレーラーは大きなスプロケットに対応させるため、リアディレーラーのハンガーにエクステンダーを取り付ける

・フロントのチェーンリングはフロントシングル用のを調達しないといけないが、カンパ対応のはないので、クランクはSHIMANOにする

これを見ていて、疑問に思ったのはスプロケットと、チェーンはカンパニューロとシマノのどちらなのかというところ。

カンパニョーロの場合、スプロケットで一番大きいのは32Tだと思う。

巷のフロントシングラー(笑)を見ていると、スプロケのサイズは42とか大きなのをつけていたりする。

この場合、だいたいシマノのフリーにスペーサーを挟んで、MTB用のスプロケを装着しているようだ。

この辺、心配しだすときりがないが、私なんかの場合フロントのギアは50-34のコンパクトサイズだが、むしろ34だけでいいような気もしている。

そうするとリアのギアも32くらいまであれば十分である。

 

色々考えすぎると


リアのギアを42とかと考えたりすると結局全部シマノにしてしまえばいいということになるが、気楽に考えるとフロントの歯数は34でいいので、リアは32ということにしておけば、現状のカンパでも十分いけそうな気がする。

調べてみると、カンパの旧式のクランクにracefaceのシングルチェーンリングをつけたり、wolftoothのリングを加工してつけたりして、カンパをシングル化することが可能なようだ。

などなどいろいろ考えているうちに、まあ今のままでいいやという感じになってくる(笑)

 

自転車なんて走ればいいという思いと、なんかいじりたいという間でいつも葛藤している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。