適当でいい

昨日は午後から出かけて、夕方外注先で作業して、事務所に戻って引き続き作業。
出かけたのはその前日に電話があり、金曜空いてないか確認されて、作業する予定だったが、断りにくい相手だったのでとりあえず付き合うことにした。
やっぱり、突然呼び出されたりというのは断るべきだなと思った。

話している意味が分からない(笑)

呼び出されて行ったのだが、いったい何をしようとしているのか、何のために呼び出されているのか分からないままだった(笑)
しかも、もう説明済みであるかのように話を進めるので困った。
そんな説明聞いたことないし、そのキーワードも聞いたことない。
そこまでそんな話をされると、こっちも前に聞いたかもしれないと思って不安になる。

まあどうでもいい

こういった場合というか、たいていの場合は聞き流しても何ら支障がないということが分かってきた。
デューデリのインタビュー以外は聞き流していい。
ただ、聞き流していること、聞き流したことを悟られないための対応を取らないといけない。
聞いている最中は、相手と目を合わせたり、うなずいたり。
聞き流した後は、相手の話すことを繰り返せばいい。

ほんとに適当でいい

必要なのは、やる気ある風の雰囲気だ。
せっかくの作業時間がなんだか意味の分からない時間に消化されるのは悔しいが、それを選択したのは自分なので仕方がない。
あとは聞き流せばいいということで、いい勉強になった。

the most delicious srilankan rice & curry which i ate at restaurant in anudharapura.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。