2018年8月4日のサイクリング

朝の9時頃からサイクリングに出かけた。

大和川沿いに東へ向かって、石川へ分岐しているところで、石川沿いへ南下。

川沿いのサイクリングロードが途切れたところで東側の山に向かった。

 

暑い日の装備


特別な暑い日用の対策はしていない。

ボトルを2本携帯するのと、サングラスをかけることぐらいだろうか。

サングラスは何年もかけたことがなかったのだが、かけてみると目が楽でとてもいい。

暑い日のサイクリングには霧吹きを携帯するのがいいと聞いたことがある。

体に吹きかけて走ると、気化熱で涼しくなるそうだ。

これはよさそうだが、市内とか平地をのんびり走るときなど状況が限られそうだ。

最近はアームカバーや、レッグカバー、口元のバンダナなどで、全身を日光から遮るような装いで走っている方も見かけるが、

見た目がいまいちなのと、逆に暑そうなのでしない。

 

サイクリングのいいところ


最近は自転車に飽きた飽きたといっているが、サイクリングをしていて改めてそのいいところを再認識した。

知らない道や行ったことのない場所を走った時のワクワク感が格別ということだ。

今回、知らない道に迷い込んだのだが、その道が思いのほかよくてワクワクした。

自転車で少し遠出して、地元のスーパーでお弁当とお惣菜を買って食べたり、地元の食堂で食事したりするのも、普段あまりしないことで楽しい。

 

暑かったので道はガラガラ


いつもはサイクリストやウォーキング、ランニングの人でにぎわう道も閑散としていた。

飲み物を飲んでも熱中症などで具合が悪くなったりするので、あまりで歩かないのがいいのかもしれない。

今回は600㎖のボトル2本で2回飲み物を補給したので、3.6ℓ飲んだことになる。

途中、コンビニやスーパーなどで体を冷やした。

夏の暑い日、涼しいスーパーが天国のようだった。

ちなみに昼ご飯をスーパーの弁当にしたが、なぜか焼きそば弁当と冷麺で麺がかぶった。

 

冷麺は個人的に麺とタレだけでもおいしく食べられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。