OneNote

マイクロソフトのOneNoteというノートアプリを使っている。

ノートアプリにはEvernoteやGooglekeepなどもあるが、OneNoteに落ち着いた。

 

なぜOneNoteか


手書きのノートの時からだが、メモを取るのがとても苦手だ。

どうでもいい情報をノートにメモし、重要なことがすっぽ抜けている。

メモする箇所に規則性がないので、ページがすぐに埋まってしまったりもする。

こういった状況の中で、OneNoteはとてもフィットした。

なぜか。EvernoteやGooglekeep、手書きのノートは使い方の自由度が結構高い。

それに比べてOneNoteが普通のノートっぽくあるものの、規則性を強制されるからだと思う。

Evernoteなどの場合、作成したメモに対してタグをつけて、そのメモの種類を分類するということをした記憶があるが、これだとタグをつけ忘れがちだ。

普通のノートでもあちこちに情報が散乱しやすい。

比べて、OneNoteだとファイルのインデックスシートのようなので、まず作成しようとするメモを分類するので、最初から規則性が求められる。

規則性やルールがあいまいだとメモがあちこちに行きがちなので、この辺がOneNoteを使いやすいと思うポイントだ。

 

OneNoteでしていること


TODOの管理に始まり、思い付きのメモ、打合せするクライアントのアジェンダと議事録、クライアントごとに検討していること、ノウハウの管理など仕事で利用する頻度がとても高い。

あとは、カレーや晩御飯のレシピ、週末の予定の検討などにも使っている。

こういったノートの利便性として、スマホやPCなど色々な端末で同期して利用できる点がある。

また、surfaceなどのペン入力ができる端末だと利用用途が広がる。

手書きで絵を書いたりしてアイデアの検討をしたり、打合せ時に手書きのメモを取ることができる。

これができたことで、利便性が向上したのと、ノート感が増して愛着が湧いてきた。

 

OneNoteにはofficeに入っているOneNote2016というのと、アプリストアで入手できるプレーンのOneNoteがある。

2016の方は更新が終了する予定がされているそうだ。

現状は互換性があるが、そのうちプレーンに絞られると思うので、最初からプレーンの方を利用するのがいいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。