surface pro6について

昨日は一日事務所で仕事をした。
早目に帰ったが、21時頃から打ち合わせがあるとのことで家で打合せをした。
夜の打ち合わせは嫌いだ。

surface Pro6の使用感

surfaceはbookも入れると1年ほど利用した。
Proにしてから半年くらい経つと思う。
bookは不具合が多すぎたが、Proは今のところ順調だ。
税理士業務として使う上では256GBの8GBで十分だ。
相変わらずキーボードは純正のやつではなくThinkpadのやつを携帯しつつ、事務所ではFILCOのメカニカルキーボードを利用している。
キーボードとsurfaceが完全に切り離されているのがいいと思う。
というか、キーボードを自由に選べるのがいいのかもしれない。
surfaceにしてからパソコンにペンは必須になっている。
資料を紙で印刷する機会はかなり減った。
PDFにして、PDFに書き込むということが多くなった。
社会保険の届出や、大阪府への届出等については様式をPDFでダウンロードする方式か、エクセルの超重いファイルをダウンロードする方式があったりする。
エクセルの場合、エクセルに直接入力できるらしいが、これがまともに動かないことが多い。
こういうのも、PDFでダウンロードして、ペンで書き込めばいい。
というか、届出関係は必要事項をアンケート形式で入力すれば、様式に自動で入力されるとかそういうのを作るべきだと思う。

office365の活用方法

office365を利用している。
年間12,000円くらいで、最新のofficeが利用できて1TBのonedriveも利用できるそうだ。
現状Dropboxがメインになっており、これも12,000円くらい支払っている。
仕事上使わざるを得ないが、なんだかもったいないので、onedriveへ移行したい。
何かいい方法があればいいが。

キーボードて前の木の手首置きがかなりいい。
タイピングする際の手の動きをかなり抑えらえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。