SurfacePro6で外出

昨日から高知出張に来ている。
飛行機だと1時間くらいで着く。
ただし、空港までの移動と、空港から高知市内への移動まで含めると3時間くらいだろうか。
昨日は大学のサークルの後輩が高知で事業をしており、仕事の依頼を頂いたので、実際に会ってみて話を聞いたり、
ポイントの把握をしたりした。
そのあとちょっとビールを飲みに出かけた。

SurfacePro6の屋外での利用

SurfaceProの難点として、屋外で椅子だけがある状態での作業のしにくさなどがよく言われている。
実際、私もその点がとても気になっていた。
屋外や、椅子だけの状態でそこまで作業しないとは思いつつ、いざそういうシチュエーションになるとどうにも対応できないということでは困ると思った。
結論としては何も問題なかった。新幹線とかの狭いスペースでも問題なく作業可能だと思う。
ただ、タイプカバーとかだと作業しにくいかもしれない。
タイプカバーは本体と接続が必須で、本体自体は自立するものの、自立のためにはスタンドがいる。このスタンドが結構スペースをとるからだ。
これがThinkPadのキーボードだと、例えば机に本体を置いて膝にキーボードを置いて作業ということができる。
なので新幹線とかだと問題ない。
空港のソファーでも本体とキーボードを膝にのせてやってみたが、意外と問題なかった。

結構まぶしくてほこりが目立つ。
これは膝の上に本体とキーボードを乗せているところ。

ホテルとかでの作業環境

今回、ホテルで作業することも多くなりそうだと思い、HDMIケーブルとminiディスプレイポートとHDMIの変換ケーブルを持参した。
ホテルのテレビを見てみるとHDMIのポートが一つ空いていたのでケーブルをつなげてPCとテレビでデュアルディスプレイにしみたが、うまくできた。
作業系に結構パワーを発揮しそうだ。
何年か前に高知で泣きそうになりながら小さい画面で作業をしていた私に教えてあげたい。

結構というか、かなり便利。
ちなみに最近ラムネに凝っている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。