仕事で怒鳴りつけるのは意味がない

1月の初めあたりに新年会を開いていただいた。
その新年会がカレー屋さんだった。

四天王寺夕陽丘あたりのカレー屋さんで、その日は(多分特別に)夜のコースみたいなのをしてくれたみたいだった。
一部写真を撮っていたので掲載しておく。

他には最初にスパイスが乗ったカルパッチョみたいなのと、最後にカレーも食べた。
どれもおいしかったがあまり記憶がない(笑)
おなかいっぱいだったが、最後のカレーもスルスル食べた記憶がある。
最後のカレーはインゲンのおかずとか、ビーツの煮物とかが添えられていてスリランカぽかった。メインは出汁のキーマだった。

怒鳴りつけたりする人たち

仕事をしていると怒鳴りつける人とかが結構多い。
今なら笑い話だが、当時その場にいたときは心臓が縮こまった記憶がある。
原因は私のミスなのだが。
間違えたのは悪いし、失敗だなので申し訳ない。
ただ、それで怒鳴りつけたり、机叩いたり、周りに聞こえる音量で小言を言わなくてもいいじゃないかと思う。
そういう風にして、ことを有利に運ぼうとしているのか、単に短気なのか。
個人的な体験をたどると、どっちもいるし、どっちも厄介という印象だ。
確かに間違えたのは悪いのだが・・・
うまく言えないのだが、仕事に怒りの感情はいらないというか排除すべきだと思う。
それが仮にだとしても。
最近またそういう現場に出くわしてちょっと嫌な気分になったのでここに記した次第。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。