スリランカの交通事情

昨日は記帳指導の説明会へ行ってきた。

記帳指導は事業を始められた方などを対象に、経理方法などを無料でレクチャーするサービスで税理士会と税務署が協力してやっている。

昨年から記帳指導する側で登録していて、今回2年目が始まるということで税務署での打ち合わせに参加してきた。

税務署の職員の方がお昼ご飯後で眠かったのかダルそうだったのと、予定時間を過ぎてもあわてる様子がないのも気になった。

他にも気になることはあったが、もっときっちりすればいいのにと思った。

 

話は変わってスリランカの交通事情


外国に行くとネックになるのが移動で、バスや電車、タクシーや飛行機と移動手段はいろいろとあるものの、言葉が分からなかったり、システムが分からなかったりで困ることが多い。

スリランカでも同様で、しかも交通事情はあまり発展していない印象を持っている。

スリランカ人の足の順位としては、バス→トゥクトゥク→電車→タクシーという感じだろうか。

旅行の場合も大体、これらの交通手段を利用する。

 

スリランカの交通手段の問題点


バスについては表示がシンハラ語だったり、行き先が分からなかったり、各駅停車バスと特急みたいなバスがあったりして、分かりにくい。あとはバス停の場所もいまいち分からない。

何となく慣れてくるとバスで長距離の移動も可能だが、初めてとかだとバスで市内を移動というのもストレスになるかもしれない。

トゥクトゥクは市内の移動などとても便利だが、メーターがついていないと料金交渉が必要だったり、たまに悪徳ドライバーがいるのが問題。

電車は、駅が限られていて本数も限られている。

目的地の駅が市街地から離れていたりする場合もある。

日本のような利用方法は考えられず、ここぞというときに予約して利用するのがいいかもしれない。

タクシーはそもそも日本のように流しのタクシーがいない。

タクシー会社に連絡するか、Uberみたいなので手配することになる。

現地では大人数で旅行するとき車を運転手付きでチャーターしたりしているようなので、探せばあるのかもしれないが、どこにあるか、あったとしてどのように連絡するかなど分からないことだらけで、チャーターするなら、空港のカウンターでするのがいいと思われる。

 

どういう風に利用するのが便利か


市内の移動の場合、トゥクトゥクかタクシーを呼ぶのがスリランカではいいと思う。

コロンボ市内の場合、トゥクトゥクもメーター付きのが多く、事前に確認して乗車すればある程度安心できる。

若いドライバーのほうが安心度は高い。

メーターの金額にちょっとチップを払えば、相手も喜んでくれる。

タクシーは流しはないものの、pick me というスマホのアプリでタクシーを呼ぶことができる。

Uberみたいな感じで、近くにいるタクシーが予約場所に来てくれる。

コロンボ市内なら待ち時間も5分から15分程度。

料金もメーター制なので安心。

もしドライバーが気に入れば直接交渉して、その後の移動も頼めばいい。

pick meではタクシーのほか、トゥクトゥクも呼べる。

このpick meはスリランカ旅でとても役に立つ。

長距離の移動は、タクシーか電車、バスということになる。

空港から直接移動する場合は、空港タクシーを利用すると前金制なので安心して利用できる。

空港からコロンボ市内へ移動後、別の場所へという場合もタクシーが安心だが、バスや電車も時間があればいいかもしれない。

タクシーの場合はホテルで手配してもらうか、前述のpick meで来てもらう。

バスは、公営と私営があったり、エアコン付きがあったりと本当に充実している。

コロンボフォートのバス乗り場も公営と私営で分かれていて、概ね私営のバス乗り場で係のおじさんに聞けば目的のバスに乗ることができる。

エアコン付きの特急バスみたいなのに乗ると、長距離も結構早い。

観光会社のバスみたいなのもあり、地方都市に行くと旅行会社でバスを予約するというパターンもある。

電車は当日乗車も可能だが、長距離で確実に座りたいなら予約した方がいい。

この場合は駅の予約室で予約する。

前述の通り、市街地から離れたところに駅があったりするので、注意が必要だ。

 

スリランカのバスとトゥクトゥク。

赤いバスは公営。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。