上の写真はブログで紹介したレシピである。

今手元にスリランカ料理の巨匠、Dr.パリブのレシピ本がある。

これに乗っているチキンカレーと何が違うか見てみよう。

【材料】

・鶏肉もも 800グラム

・しょうがみじん切り 小さじ1

・玉ねぎみじん切り 50グラム

・カレーリーフ 適当

・トマトざく切り 50グラム

・チリパウダー 小さじ2

・タマリンドペースト 大さじ1

・粗びき胡椒 小さじ1

・ローステッドパウダー 大さじ1と1/2

・ターメリック 小さじ1

・ココナツオイル 大さじ2

・水 1と1/2カップ

・シナモン 1本

・カルダモン 2個

・パンダンリーフ 5センチくらい

・クローブ 1/4

・ニンニクみじん切り 2片分

・塩 小さじ1

 

【作り方】

1. 鶏肉に、ターメリック、塩、オイルを入れて混ぜる

2. 鍋に油をひいて、玉ねぎ、カレーリーフ、パンダンリーフ、シナモン、クローブ、カルダモン、青唐を入れる

3. ニンニク、ショウガ、カレーパウダー、チリパウダー、塩を入れて、玉ねぎがいい色になるまで炒める

4. トマトとタマリンドジュース、水を入れ、最後に鶏肉を入れて、よく煮込む

揚げたカシューナッツや、カレーリーフを加えてもいい。

 

材料にない青唐が作り方に出てきたりしたが、英語の料理本あるあるである。

材料としては、タマリンドペーストが加わるのと、ココナツミルクを入れないようだ。

ただ、タマリンドペーストについては、代わりにという感じで米酢が入っている。

あと違いといえば、水分が少ないということだろうか。

確かにスリランカで食事をする場合、あまりびちゃびちゃのカレーはない。

ご飯に少しお汁をかけるくらいで、肉でご飯を食べる感じだ。

作り方としては、お肉にスパイスをマリネせず、先にスパイス類を炒めて、最後に肉を入れて煮込むとのことらしい。

 

あまり変わらないが、今度は水分少な目のを作ってみよう。

巨匠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です