スキンヘッドの冬の装い

急に冷えだした。
スキンヘッドは寒さにとても弱い。
日中外に出るときはニット帽が必須だし、寝るときも頭だけ布団から出ているが、私の場合はネックウォーマーを頭につけて寒さから守っている。

スーツにニット帽はありなのか

スーツを着るときの帽子にいつも苦慮する。
以前ブログにスキンヘッドの夏の装いについて書いた記憶があるが、夏は夏で直射日光はスキンヘッドの大敵だ。
普段着であればサイクルキャップとかをかぶっているが、ワイシャツだとちょっと合わないので、これも結構悩ましい。
夏の装いは夏が来たらまた考えるとして、冬にスーツを着るときの装いであるが、冬の場合スーツの上にコートとかを着ているので、帽子はニット帽とかで違和感がない。
スエードとかのハットとかもいいのかもしれないが、結構かさばる。ニット帽だと例えばお客さんと頃に着く頃にさっと取って、コートのポケットに入れておくことができる。
なので冬の装いとしてはニット帽以外の選択肢はないような気がする。

ニット帽の種類

ニット帽にも種類がある。
素材と形と色で結構な種類になるが、個人的には綿素材で耳を出しても問題ないくらいの長さのがいいと思っている。
毛糸素材は洗濯がめんどくさい場合があるが、綿だと頻繁に洗うことができる。
夏から秋にかけて、ユニクロで綿素材のニット帽が売っていたが、これはなかなかよかった。
ただ季節商品なのか、冬が始まる前にはすべて毛糸の商品に変ってしまった。

というかスーツはもういいんじゃないか

最近スーツを着る機会が多いが、スーツは何のために着るのか、着る度に疑問に思っている。
機動性は低いし、それほど防寒性も高くないし、1着数万円もする。
スーツを着ようとすると、革靴が必須で、ワイシャツもしっかりアイロンをかけないとみすぼらしくなる。
スーツでおしゃれを楽しむこともできるが、仕事の場合はそれどころではない。
一応きっちりしているというポーズのために着ているというのがほんとのところだ。
そろそろスーツに代わるものが出てきてもいいような気がする。

そういえばワードプレスが新しいバージョンになったようで早速更新したが、使い方がよく分からなくて戸惑っている。


昨日と同じ写真のような気がするが寒いので載せておく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。