急に手数料を要求してきた方の話

生きているといろいろあるし、いろんな人がいるのだなとようやく理解してきた40代。
嫌なことや嫌いな人とは付き合わなくていいというのを子供にはちゃんと伝えたいと思っている。

いろいろな考え方の人がいるので、当然自分に合わない人もいる。
そういった人と無理に付き合うことでストレスが生じる。
学校や会社は、いろいろな考え方の人の集まりなのだが、考え方の違いやそういう場合の付き合い方などあいまいというか、そんなのは無視してみんなでがんばろうぜ見たいな感じのことろばかりなので、ある人にとってはとても居心地の悪い場所になると思う。

これは別に考え方の違いがあるならそれを埋めるために話し合いをして解決すればいいという話ではない。解決しないし。
そういう考え方の違いが障害とならないよう、ルールやフォーマットを設けるというのがあるべき姿だと思う。

対応に困った方の話

一緒に仕事をしている人がいて、その人は相続の仕事をいくつか持っている。
税理士ではないので申告する人を探している。
話がしやすいということで私に申告の仕事を依頼してきて、何件かそういうのがあった。
依頼いただけてありがたい話だ。
今回もそういう話が合って、申告はいくらでしますかと問われたので、●●円くらいですかねと伝えた。
もう少し値上げしてもいいといわれたので、じゃあ●●円ということで、話がついたと思って雑談をして、帰り際にその方から観野さんの報酬の30%、手数料でもらうから。と言われた。
あとそのあとごにょごにょと何か言っていた。
おうおう、これまでそんな話なかったし、その30%言うなら、始めにいくらでするか問うたときにセットで言うべきじゃないのかと思った。
急なことで、あーはいみたいな返事になったのだが、後で思い返すととても嫌な時間だった。
よっぽどさっきのは何なんでしょうと問い詰めようと思ったのだが、聞けずにいる。
今思い返しても嫌な時間だ。
今回の件で結構嫌な思いをしたので、もう受けないでおこうかなと思った次第。

むかつくぜ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。