税務系の本

金曜日、早めに事務所へ行った。
7時過ぎについて、最近の日課のひとりスクラムのシートを更新したり。
そのあとお客さんと打合せ。
組織再編の実行支援みたいな仕事。
打合せ後本屋で仕事用の本を何冊か購入。
佐藤信祐氏の無対価組織再編の本、トーマツの株価算定の本、あとは国税OBの本。
佐藤信祐氏のは内容が薄そうだったが、そのうち見るかなと思い購入。
トーマツの株価算定の本は結構かゆいところに手が届くような内容が掲載されている。
純資産評価の際にレバレッジドリースリースがある場合など。
サラリーマン時代、バージョン1を買ったのだが、バージョン9まで更新されていた。
国税OBの本は、OBの悪口とともに税務調査での対応などが書かれているコラムみたいなの。
誰が読むって、税理士くらいしか読まないだろう。
OBはあまり好かない。
OB税理士の国税への口利きみたいなのは今でも往々にしてあって、なんだそれはっていう感じだ。
法令に基づいて手続き、対応すればいいのに抜け道みたいなのが存在するのが気に入らないし、それを売りにするOB税理士も気に入らない。

昼からサウナへ

金曜日は午前で仕事を切り上げて、昼から知り合いとサウナ忘年会をした。
サウナへ行ってビールを飲んだ。
失敗したのはサウナの前に少しビールを飲んだことだ。
私はサウナの後と決めていたのだが、一緒に行った人がサウナの前に一杯行こうと言い出して付き合ってしまった。
梅田のニュージャパンに行ったのだが、よかった。
水風呂が痛いくらい冷たかった。
あと、3階+屋上の造りで、ずっと1階のサウナにいたのだが、実は屋上のサウナが良さそうだった。
こじんまりしていてテレビもかかっていない。
サウナに行くとテレビが結構うるさいのが気になるので、これはいいと思った。
また癖にならない程度に昼間行ってみようと思う。

事務所を移転して1年経つ。
もうだいぶ今の事務所に飽きてきた(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。